公益財団法人姫路市文化国際交流財団

トップページ > 施設管理業務 > パルナソスホール(姫路市立姫路高等学校音楽ホール)

パルナソスホール(姫路市立姫路高等学校音楽ホール)施設管理業務

パルナソスホール外観写真

「文化の香り高いまち姫路」を目途に、姫路市が姫路市制100周年を記念して、また豊かな情操をはぐくみ創造的で人間性豊かな生徒の育成を目指して、文化的環境つくりに資するため、市立姫路高等学校の創立50周年を記念して、全国でもはじめての学校施設の音楽専用ホールとして、同校校門のすぐ左側に建設され、平成元年(1983年)10月18日にオープンしました。
平成2年(1990年)11月には、学校創立50周年を記念にして、同窓生が結成する鷺城会よりパイプオルガンが寄贈されました。
開館以来、姫路市から財団が管理運営を受託し、学校以外にも貸ホールとして一般開放しています。

施設概要

所在地
姫路市辻井九丁目1番10号 姫路高等学校内  
開館
平成元年(1989年) 10月18日  
設計
(株)赤松菅野建築設計事務所 
音響設計
(株)永田音響設計  
施工
大成建設・赤鹿建設共同企業体  
構造
鉄筋コンクリート造 地下1階、地上2階  
敷地面積
約2,500㎡ 
床面積
2,338㎡ 
建物延面積
3,868㎡
駐車場
50台収容

ホール(音楽専用ホール)

控室
4室
客席
固定席804席/立見250人 車椅子スペース7席
舞台
間口20m/奥行13m (シューボックス型オープンステージ)
有効面積
240㎡
客席
室幅22m/奥行40m
天井高
14m
座席
間口950×500mm 高さ870mm
残響時間
2.0秒(満席時)
パイプオルガン
設計・制作
(株)須藤オルガン工房 〔平成2年 (1990年) 11月設置〕
※姫路高等学校創立50周年記念とし 同窓生で結成された鷺城会による寄付。

練習室

第1練習室94㎡/完全遮音室
第2練習室120㎡/完全遮音室

ページのトップへ戻る