姫路市文化国際交流財団

文字の大きさ

標準拡大
HOME > 主催事業一覧 > 新春特別展「書家・金澤翔子展 ―令和の近作と平成の代表作―」
2024年01月06日(土曜日)〜04月07日(日曜日)

新春特別展「書家・金澤翔子展 ―令和の近作と平成の代表作―」

新春特別展「書家・金澤翔子展 ―令和の近作と平成の代表作―」

画像クリックで詳細PDFが表示されます

金澤翔子(かなざわしょうこ)さんは世界的に活躍する祈りの書家です。昭和60(1985)年東京都に生まれ、5歳より母・泰子さんに師事して書を始めます。20歳のときに銀座書廊で初めて開いた個展が評判を呼び、以来、全国各地の神社仏閣で奉納揮毫を行うほか、国内外で数多くの個展を開催しています。また国連本部での日本代表としてのスピーチや文部科学省のスペシャルサポート大使など、その活躍は多岐にわたっています。
本展では、「書に親しむ人にも、初めて触れる人にも書を届けたい」との思いを込めて、令和2(2020)年に台湾で開催した展覧会の出品作を中心に書家・金澤翔子を紹介します。東日本大震災後に発表した平成の代表作「共に生きる」、東京2020公式アートポスターの金箔原画「翔」などとともに、40点余りの大作をご覧ください。

 

 

開催日時

令和6年(2024年)1月6日(土曜日)~4月7日(日曜日)

入場料等

一般310円(250円) 大学・高校生 210円(160円) 中学・小学生 50円(40円)

( )内の料金は20人以上の団体です。

令和6年4月1日より、料金を変更することがあります。

お問い合わせ先

Language