姫路市文化国際交流財団

文字の大きさ

標準拡大
HOME > 主催事業一覧 > 播磨国吹奏楽団 演奏会
2022年05月29日(日曜日)

播磨国吹奏楽団 演奏会

播磨国吹奏楽団 演奏会

画像クリックで詳細PDFが表示されます

2020年「姫路レミゼプロジェクト」に参加した播磨にゆかりのある吹奏楽メンバーが、「播磨国(はりまのくに)吹奏楽団」として再集結。世界有数のトランペッター、エリック・ミヤシロをスペシャルゲストに招き、コンクール課題曲から誰でも一度は聴いたことのある名曲の数々をお届けします。

姫路レミゼプロジェクトについて

ご来場のみなさまへ衛生対策ご協力のお願いについて(ご一読ください)

会場

アクリエひめじ 中ホール

開催日時

日時 2022年5月29日(日曜日)13時00分開演(12時30分開場)/17時00分開演(16時30分開場)

入場料等

各回 一般3,000円、高校生以下 1,500円

※全席指定 ※未就学児入場不可

詳細情報

  • 出演者

指  揮:甘粕宏和
トランペット:エリック・ミヤシロ
吹奏楽:播磨国吹奏楽団
司会:空井仁美

  • プログラム

・2022年度吹奏楽コンクール課題曲
・和泉宏隆:宝島
・J.ウィリアムズ(真島俊夫 編):スターウォーズ・コンサートセレクション
・エリックスペシャルメドレー

 

  • 発売日

財団友の会:3月15日(火曜日)
一般発売:3月17日(木曜日)

  • プレイガイド

パルナソスホール  TEL.079-297-1141
姫路キャスパホール TEL.079-284-5806

※上記プレイガイドの営業時間は、9時00分から17時00分です。

4月1日以降より10時から17時に変更になります。
※財団友の会、一般発売初日の電話受付は、10時00分からです。

ローソンチケット    Lコード 54833
※別途発券手数料がかかります

 

  • 出演者プロフィール

甘粕宏和(指揮)

東京音楽大学卒業。在学中は汐澤安彦指揮シンフォニックウィンドアンサンブル団長として活躍。

ワルシャワ国際吹奏楽指揮者コンクール第1位ならびにオーケストラ特別賞受賞。

これまでに指揮を三原明人、近藤久敦の各氏に師事。広上淳一教授を中心とする東京音楽大学指揮科研修生として研鑽を積む。

スポーツ祭東京2013(東京国体)式典音楽の編曲、開閉会式指揮。

2015年日韓国交正常化50周年記念事業として韓国ソウルにて現地青少年オーケストラを指導、指揮。

2020東京オリンピック閉会式吹奏楽指揮。

バンドディレクターとして全国各地で優秀なバンドを数多く育てている。また各種執筆や日本吹奏楽指導者クリニック、JBAゼミナールを始めとする講習会講師、審査員などもつとめユーモアあふれる実践的な講習会は各地で好評を博し、指導用DVD「だれにでもできる吹奏楽」はシリーズ化されロングセラーとなっている。

吹奏楽を小澤俊朗氏に師事。音楽について保科洋氏から広く薫陶を受ける。(一社)日本管打・吹奏楽学会 生涯学習委員会委員。21世紀の吹奏楽響宴会員。やまももシンフォニックバンド指揮者。

 

 

エリック・ミヤシロ(トランペット)
米国人のプロトランぺッターの父、日本人のダンサー/女優の母と言う恵まれた音楽環境の中でハワイで生まれ育つ。小学校の頃から楽器を始め、中学の時にプロとして活動を始める。ジャズだけではなく中学、高校時代、多数のオーケストラでも活動をし、数多くのコンチェルトを演奏、地元の ”天才少年”としてテレビ、ラジオの出演依頼が殺到、噂が広まり、高校三年の時ハワイ代表として全米高校オールスターバンドにえらばれニューヨーク、カーネギーホールで憧れのメイナードファーガソンと初共演する。高校卒業後、ボストン、バークレー音楽院に奨学金(Maynard Ferguson Scholarship)で招かれ入学、在学中からボストン市内のスタジオ仕事等を先生たちらと活動する。22歳でバディーリッチ、ウディーハーマンなどのビッグバンドにリードトランペットとして招かれ、7年間の間、世界中を回る。
数多くのアーチストのリードトランぺッターとして活動後、89年に日本に来日、すぐに持ち前の読譜力、オールマイティーな音楽性でスタジオ録音、テレビ、アーチストのツアーサポートなどの仕事を始める。吹奏楽、オーケストラ、学校講師、クリニシャン、作曲家、アレンジャー、プロデューサーとしても幅広く活動を広め、題名のない音楽会などのテレビ番組の出演も多数。
2013に”Blue Note Tokyo All Star Jazz Orchestra”のリーダー/音楽監督として活動を始める。

 

 

播磨国吹奏楽団(吹奏楽)
2020年7月、新型コロナウイルス感染症をはじめさまざまな困難に立ち向かっている方々にエールを送るため、姫路市と親交の深い国・フランスを舞台とした物語「レ・ミゼラブル」をテーマに動画を制作し、国内外に向けて発信する「音楽のまち・ひめじ 姫路レミゼプロジェクト」を実施。テーマ曲の「民衆の歌」吹奏楽版をパルナソスホールで収録し、プロの歌手や市民の歌声を追加編集して姫路市のYouTubeチャンネル「ひめじ動画チャンネル」で公開したところ、再生回数が1万回を超えるなど大好評を得る。
吹奏楽版を演奏したのは姫路から阪神間のプロ管打楽器プレーヤーで、このたび新たに「播磨国(はりまのくに)吹奏楽団」として再集結。力強く繊細な音色は唯一無二であり、今後の活動展開が期待されている。
姫路レミゼプロジェクト(フルバージョン)

 

空井仁美(司会)
広島県三原市出身大阪芸術大学演奏学科ピアノコース卒業。子どもショーの司会のお姉さんとしてMC業に携わる。
現在はフリーで活動し、MC·司会·ナレーター·スポーツアナウンス·ラジオDJ等、幅広く活躍。

お問い合わせ先

制作チーム TEL.079-297–1141

Language